「最期まで自分らしく」
暮らすために
皆さんは、自分や家族が医療や介護が必要になった時、どこでどのように暮らしたいか考えたことはありますか?医療機関や老人ホームなどの施設のほか、在宅医療や介護のサービスを受けながら、住み慣れた自宅で過ごすという選択肢もあります。
このサイトでは、高松市の在宅医療や介護に関する情報や取り組みをまとめました。様々な情報をご活用いただくとともに、大切な方々と話し合うきっかけにしてください。
スマホで共有
在宅医療と介護の連携について
高齢化が進展し、医療と介護の両方のニーズを有する高齢者や要介護者が増加しています。
高齢や病気、障がい等で医療や介護が必要になっても、住み慣れた地域で、自分らしく暮らし続けるためには、効率的にサービスが受けられるよう、それぞれのサービスをつなぐ仕組みづくりや、ご本人やご家族の気持ちに寄り添えるような支援が求められています。
在宅での療養を支えるには、医療・看護・介護・福祉などの専門職が連携し、情報を共有しながらサポートしていく体制が重要となります。平成27年度より、「在宅医療・介護連携推進事業」が介護保険法上に位置づけられ、市と医療・介護の関係機関が協力しながら、地域の在宅医療・介護を一体的に提供できる体制づくりを進めています。
在宅医療・介護に関するPR動画について
市民の皆様に在宅医療や介護について理解を深めていただくための動画を作成しましたので、ぜひ、ご覧ください。
ホットラインたかまつ 最期まで自分らしく!
~「在宅療養」について考えよう~
在宅ケアに関するPR動画
「在宅看護が決まった日」編
「在宅でケアを受ける」という選択肢もあることを
知ってもらうためのショートムービーです。
在宅ケアに関するPR動画
「わたしも訪問看護師になれますか?」編
在宅で看護を提供する「訪問看護師」という職業が
あることを知ってもらうためのショートムービーです。
在宅看護のお話 おしえて!!片山先生
【Vol1】退院を考えましょうと言われて
在宅看護のお話 おしえて!!片山先生
【Vol2】ご存じですか介護保険
在宅看護のお話 おしえて!!片山先生
【Vol3】人生会議を始めよう
在宅看護のお話 おしえて!!片山先生
【Vol4】訪問看護を利用しませんか
新着トピックス
2021/05/10 【研修会のご案内】2021年度 多職種連携学びあい塾
2021/04/01 サイトを公開しました。